So-net無料ブログ作成
検索選択

高速無料化、28日から=地方の37路線50区間―国交省(時事通信)

 国土交通省は7日、高速道路の37路線50区間を対象にした無料化社会実験を、28日から始める方向で調整に入った。無料化は、道央道(北海道)など交通量の少ない地方路線が中心で、東名高速や名神高速など主要幹線道路は除かれている。自動料金収受システム(ETC)の搭載の有無にかかわらず、全車種が対象となる。
 有料区間については、当初6月の導入を目指していた、車種別に上限料金を設ける新料金制度が、先送りされているため、「休日上限1000円」などの割引を含んだ現行の料金体系が、当面継続される。 

【関連ニュース
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】渋滞はなぜ起こる?対策は?
首都高で玉突き、7人軽傷=乗用車など6台
「ロバート」山本さん追突事故=けが人なし、首都高で
マニフェスト見直しも=消費増税も課題

菅内閣が今夜発足へ 11閣僚が再任(産経新聞)
口蹄疫 えびの市が終息宣言(毎日新聞)
21世紀の日本の脅威は中国 櫻井よしこさん(産経新聞)
<巨勢山古墳群>ゴルフ場工事で4基壊す 無許可で拡張(毎日新聞)
最後は副大臣…鬼門・農相選び難航の舞台裏(読売新聞)

山田氏、東京から出馬 日本創新党が結党大会(産経新聞)

 日本創新党は30日、東京・六本木で結党大会を開いた。山田宏党首(52)はあいさつで、「日本はあと3年もたない。日本を立て直すため、創新党を作った」と強調。今夏の参院選では自らが東京選挙区から出馬することを表明した。また、第2次公認予定候補者として、山田氏のほか、4人を新たに発表した。

 山田氏はすでに25日の記者会見で、31日付で東京都杉並区長を辞任することを明らかにしていた。日本創新党は参院選東京選挙区で前金融庁課長補佐の藤岡隆雄氏(33)を公認すると発表していたが、山田氏の出馬決定に伴い、藤岡氏については改めて検討する。

 一方、山田氏は大会後の記者会見で、たちあがれ日本や新党改革など他党との連携について、「日本を大きく変えることが大目標だ。そうした大きな目標を示すことができるのであれば、どの政党とも協力ということはありうる」と述べ、理念、政策などの一致を前提に、連携はありうるとの考えを示した。

 30日発表した参院選の公認予定候補者(山田氏以外)は次の通り。

 選挙区=神奈川、藤沢市議、佐賀和樹(37)▽熊本、会社社長、前田武男(53)

 比例代表=岸和田市議、清水隆司(49)▽経営コンサルタント、杉井保之(51)

【関連記事】
日本創新党が結党大会、山田党首が参院選東京選挙区から出馬表明
福島氏罷免でごまかされるな!!
選挙協力「新党改革とも」 たちあがれ・平沼氏
たちあがれ日本との選挙協力に意欲 創新党党首が反民主の共同戦線
日本創新党との連携も たちあがれ平沼氏
iPadが上陸

傘 子どもたちの「笑顔の花」70本 花博公園でイベント(毎日新聞)
偽装結婚仲介で男逮捕=比人ニューハーフと―福岡県警(時事通信)
「私にとって偉大なる指導者」代表のワトソン容疑者を礼賛する被告 SS元船長第3回公判(産経新聞)
八ヶ岳連峰・赤岳で男性滑落死…冬装備なし(読売新聞)
民主・医療の無過失補償制度議連が設立総会(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。